ビール・クラフトビール<全国MAP>

ビール・クラフトビール<全国MAP>

ふるさと納税 ご当地クラフトビールを取り扱う自治体は259(編集部調べ)。今も続々と増えているクラフトビール。その中でも確実に高い評価を得ているクラフトビールをご紹介!!

地元で生産したクラフトビールを取り扱う自治体は259(2020年8月 編集部調べ)。日本には1,718の自治体がありますから、およそ15%の自治体がご当地ビールを取り扱っていることになります。なお、日本国内のブルワリーは400を超えているといわれ、まだまだ増えて続けています。
読者のみなさんの町にも、ビールを醸造するタンクを店内に設置して、独自のビールを提供する飲食店や道の駅があるのではないでしょうか。

さて、日本におけるビール。以前は大手メーカーが独占して販売していましたが1994年に酒税法が改正されて、一気に小規模なブルワリーが増加しました。この法律の改正は、それまでビールの醸造免許は年間2,000KLの製造が求められていたのですが、年間60KLにまで引き下げるというもの。この結果、日本全国で様々なブルワリーが醸造免許を取り、開業していったのです。
この時のブルワリー第一号が、北海道北見市のオホーツクビールと、新潟県新潟市のエチゴビール。今でも地域を代表するご当地ビールとして親しまれています。

ご当地クラフトビールを都道府県で探す

北海道・東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州・沖縄

タイトルとURLをコピーしました